液状肥料

農業研修

もう、朝晩は大分冷え込んできてますが、日中はなんだか暖かい日もありますね。

そして今期も、トマトにこちらを使用します。

その名も、 

「 ペンタキープハイパー5000 」

低温、低日射の季節となりました。

こちらは、光合成を高める「5-アミノレブリン酸」を配合した液状肥料です。

「5-アミノレブリン酸」とは植物や動物の体内にある大切なアミノ酸で、
植物体内では葉緑体の前駆体となる物質です。葉緑体を形成し、光合成を促進します。

低温、低日射、乾燥などの栽培環境下で大きな効果が現れる。

光合成を促進させたい時や、
栽培環境が良くない時期に使用できる肥料

光合成は、植物、トマトにとって本当に大事な働きです。
そのために、日中も必要な温度を確保したり、co2濃度をチェックしたりして日々トマトと向き合ってます。

でも、それに加えこういった資材を使用することも必須になります。
最大限、光合成の力を引き出し美味しいトマトが作られます。

こちらの効果がしっかり出るように、日々の環境制御や管理も頑張りたいと思います。

######################
ここまで読んでいただきありがとうございます。
たつや農園は
  にほんブログ村
  人気ブログランキング

に参加しています。
ポチッ
としていただけると励みになります。
  
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

『てんかん』に関するブログも更新しています。
ぜひご覧になってください。
https://tatsuya-garden.com/

農業研修
たつや農園

コメント一覧