ミニトマト千果の収穫

農業研修

今日は千果の収穫です。

朝からがむしゃらに収穫をしていると、写真のようなトマトが6個だけありました。

今までは、気にならなかったですが、今日はちょっと気になりましたね。

これは、いわゆる「チャック果」

乱形果の一種で、果実の果梗部から果頂部にかけてチャック状の線が見える。

★原因
雄しべが子房に付着したまま肥大したもので、雄しべの退化跡がチャック状となって残ったもの。

★診断法
丸玉の品種では、花芽分化・発育過程で5~7℃の低温に遭遇すると多発する。
ファースト系品種では高温時にも発生しやすい。

★対策
多水分、多肥は発生を助長するので注意すること。夜温が13℃以下で発生しやすいので保温も予防効果がある。

とのことです。

1番の原因は、やはり夜温の低下でしょうか。
13度以下にならないように、暖房機は稼働していますが、それでも低い時間帯もあったかもしれません。

ハウスの中でもそれだけ、冷え込んでいるということですね。

今日は、3つ目の冬支度をしたので、それはまた明日投稿したいと思います。

この6個のミニトマトも味は他と変わらずとても美味しいです。
チャックの部分を包丁で、カットしてサラダに混ぜて頂きました✨🍅

######################
ここまで読んでいただきありがとうございます。
たつや農園は
  にほんブログ村
  人気ブログランキング

に参加しています。
ポチッ
としていただけると励みになります。
  
にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

『てんかん』に関するブログも更新しています。
ぜひご覧になってください。
https://tatsuya-garden.com/

農業研修
たつや農園

コメント一覧